News 

2022.11.09 Proseed Benchmark Summit2022にて基調講演
2022.09.28 月刊コールセンタージャパン、カスハラ特集コメント
2022.09.18 日本応用心理学会にてカスハラ研究成果を発表
2022.08.30 関西の大学で夏期集中講座を実施
2022.08.25 
公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)東京例会で講演
2022.07.25 
SOMPOリスクマネジメント社 カスハラセミナーで講演
2022.07.19 
ラジオ第一放送"Nらじ"カスハラ特集に出演 (聴き逃し配信あり)
2022.07.06 
WebメディアHumming 2回目掲載
2022.06.27 
Japan Timesカスハラ記事にコメント
2022.06.23 
SOMPOリスクマネジメント社共催 カスハラセミナーで講演
2022.06.01 
WebメディアHummingにて長期連載開始(女性のメンタルヘルス)
2022.05.24 
カスハラ被害経験分析についての論文掲載
2022.05.15 
リスクマネジメントToday誌カスハラ特集に論稿掲載
2022.05.11 
UAゼンセン岡山県支部「2022労使セミナー」講演
2022.04.25 
The Japan Timesインタビュー
2022.04.25 
J-Wave ”ARROWS”に出演
2022.04.25 
Hummingインタビュー<前半>掲載
20220.4.24 
マンガでわかる「カスハラ宇宙を進め!」前編開講
2022.03.26 
第29回日本産業ストレス学会にて優勝演題賞
2022.03.26 
ハミングバードインタビューに掲載
2022.03.20 
公開シンポジウム[カスタマーハラスメントの学際的アプローチ]

もっと見る




Articles

リスクマネジメントTodayカスハラ特集
リスクマネジメントToday 5/15号、カスハラ特集に論稿掲載
(2022.5.20 CHAPS編集局)

2022年5月15日発行の「リスクマネジメントToday vol.132」において論稿「組織資産を増やすカスタマーハラスメント対策」が掲載されました。<続きを読む>

厚生労働省カスタマーハラスメント対策企業マニュアル
厚生労働省「カスタマーハラスメント対策企業マニュアル」
(2022.3.25 CHAPS編集局)

2022年2月25日、厚生労働省より「カスタマーハラスメント対策企業マニュアル」が公表されました。

これにより企業は職場で発生するカスハラへの対策取組を行う必要があります。ここでは、厚労省がマニュアルを作成した経緯と、その内容についてわかりやすく説明します。<続きを読む>

カスハラ協会シンポジウム
公開シンポジウム「カスタマーハラスメントの学際的アプローチその実態と対策」
(2022.3.22 CHAPS編集局)

2022年3月20日、当協会主催、公益財団法人セコム科学技術振興財団協賛による公開シンポジウムを開催しました。

実務家・企業経営・研究者・専門家が各々の領域におけるカスタマーハラスメントの実態と対策を報告しました。<続きを読む>

パワハラとカスハラ
企業のパワハラ対策、本気度は?高リスクのパワハラ・セクハラは、残酷なカスハラに隠れている
(2022.4.1 CHAPS編集局)

2020年6月に施行されたパワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)により、企業にパワハラ防止措置が義務付けられました。2022年4月からはその対象が中小企業にも拡大されています。

現在、企業におけるパワハラ防止措置の弱みが取引先社員へのカスハラと言えます。カスハラ防止の法制化をふまえ、リスクマネジメントにおける新たなトピックとなりそうです。<続きを読む>

Service

サービスと特徴
当協会のサービスと特徴
  • 学術的手法を問題解決ツールとし、様々な分野の専門家・実務家の経験則的知識を活用したカスハラ対策を提供します。
  • 組織内「カスハラ対策のコア人財」の育成を支援します。

協会コンテンツが割引価格で利用できる賛助会員制度もございます。


<続きを読む>

カスハラ対策のメリット
企業におけるカスハラ対策のメリット

企業経営にとって、積極的にカスハラ対策に投資する経済的合理性が見出せないというお話をよく聞きます。

しかし、現在の経営戦略に、学術的知見に基づくカスハラ対策を加えるだけで、企業ミッションと戦略を有機的に結びつけ、経済的利益につなげることができます。


<続きを読む>

マンガでわかるカスハラ
NEW !!
「マンガでわかる カスハラの宇宙を進め!」地球編・カスハラ星系編を販売開始

カスハラ入門講座「マンガでわかる カスハラの宇宙を進め!」4/24販売スタート!


【個人のお客さま】この講座は協会サイト内のe-Learningシステムで受講可能です。


【法人のお客さま】厚労省マニュアルをふまえ、既存研修への組み入れがしやすい構成です。


<続きを読む>

メディア・学術研究・協力団体など

テレビ、マスメディア

----------------------------------

NHK「おはよう日本」(2020/12/3放送)

日本テレビ系「スッキリ」(2020/12/7放送)

テレビ朝日系「モーニングショー」

(2020/12/9放送)

など、数々のメディアでカスハラの実態をお伝えしています。


実態アンケートの詳細は、参議院会館での12月3日 カスタマーハラスメント実態報告集会in永田町をご確認ください。

学術研究、学会発表等
  • 接客対応者におけるカスタマーハラスメント被害経験の分析(桐生,島田.2021)
  • 接客対応者のカスタマーハラスメント体験 および組織対策と、心身の変化との関連〜業種別の検討〜(島田,桐生,染矢.2022)
  • 接客担当者のカスタマーハラスメント体験と組織の対策の有無との関連~心身への影響に着目して~(島田,桐生,染矢.2021)
  • 接客応対者へのカスタマーハラスメントにおけるCOVID-19パンデミックの心理的影響(桐生,島田,染矢.2021)
  • 日本における悪質クレームの分析(桐生.2021)
  • 対人関係のダークサイド:ストーキングと悪質クレーマーの分析から(桐生.2020)
  • Web 調査による消費者の苦情行動の分析(桐生・入山 2019)
  • 犯罪心理学による悪質クレーマーの探索的研究 (桐生.2016)
  • 悪質クレーマーの検討⑴―消費者による苦情行動について―(桐生.2014) など



カスハラモデル
[コロナ禍でカスハラが顕在化]

エッセンシャルワーカーや子育て世代の女性に多いカスハラ被害


UAゼンセン(全国繊維科学食品流通サービス一般労働組合同盟)が2017年・2020年の2回にわたって実施した大規模調査の分析結果から、カスハラ行動のターゲットとなりやすい方々が浮かび上がってきました。

  • エッセンシャルワーカー
  • 女性従業員
  • 非正規などの立場が弱い従業員


当協会では、被害を受けやすいエッセンシャルワーカー子育て世代で非正規雇用の女性など、社会的に弱い立場に置かれている方々へのケアだけでなく、マネジメント層の人材育成にも取り組みます。カスタマーハラスメントをしない・させない社会全体の雰囲気醸成を進めていきます。


<このサイトについて>

現在、講演・研修メニュー、有料会員サービスのローンチに向けたパイロット運用期間のため、一般公開ページが限られております。ご容赦賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
公式サイトの一般公開後は、科学的に根拠があるカスハラ情報や対策などを具体的に発信し、カスタマーハラスメント抑止に寄与する社会的雰囲気の醸成を目指してまいります。